no title

こんにちは、ハックです。


今日はまた疑問。

マザーファンドってなに?

です。


目論見書を読んでたら出てきますよね、

読み飛ばしますけど。

でも気づいてないふりしていても

のどにひっかかった骨のようにチクチクします。

知っておいた方がいいんだろうなぁ、、、

今さら知らないなんて言えないよなぁ、、、


ということで

恥ずかしげもなく

本腰いれて調べてみました。


以下ハック調べのハック理解です。


マザーファンドとは



マザーファンドというのは、

基本同じ信託会社内で使われる言葉です。

そして同時によく聞く言葉がありますよね、

そう、「ベビーファンド」。


これらはすべて同じ会社内の話で、

そのマザー(母親)とベビー(赤ちゃん)で構成される方式は

ファミリー(家族)ということで『ファミリーファンド方式』と言われます。


ちなみにお母さんは一人ですが、

子供は何人もいます。

そしてあなたはまだお母さんに会ったことがないでしょう、、、
あなたが持っているその投資信託、
たぶんその人のベビーですよ!!
キャー!!


冗談はさておき

じゃあマザーファンド、つまり母親は何をしているかというと、

一つのテーマをもった運用をしているんですよね。

テーマというのは、、、

・日本の中小割安株で運用

・日本以外の外国の債権で運用

とかマザーファンド毎に一つのテーマで運用しています。


じゃあ謎のベビーファンドのお仕事がきになってきますね。

ベビーファンドとは



じゃあベビーファンドは?

というと、マザーファンドの運用に
お客様が投資しやすいように入口を作ります。
そのためマザーファンドに
下記のように3つの加工をほどこします。


①お客様のニーズにカスタマイズ



簡単な例でいうと、分配金が欲しい人と、

分配金なしで複利効果を狙う人でまずニーズが違いますよね。

さらに分配金が欲しい人でも、毎月欲しい人と、

1年に1回くらいがいいなぁという人がいます。

これでまたニーズが枝分かれしますね。

さらに、為替ヘッジしてほしい人と、

しなくていいよー、という人もいます。


ベビーファンドは、そんな人たちのニーズに合わせ

その売り方を変えていきます。


例)ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)


この投資信託はiDeCoではないですが、

わかりやすそうな名前だったので。


このベビーファンド(赤ちゃん)のマザーファンド(母親)は

ダイワ・USーREIT・オープン・マザーファンドです。

でも双子のベビーファンド(赤ちゃん)がおり、その子の名前は

ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型)Aコース(為替ヘッジあり)

です。


たぶん毎月決算でないベビーもいることでしょう。

投資信託において一人のマザーが生むベビーの数はすごい数です。

栽○マンのように増えていきます。

iDeCo用(確定拠出年金用)のベビーファンドももちろんあります。

iDeCo・iDeCoでない同名の商品があるのは、

マザーファンドが同じでもベビーファンドが違うためです。


②売り先によるカスタマイズ



商品の販売店は証券会社だけでなく、

保険会社・銀行・政府系などがあります。

その販売先の持つ思惑(こういう商品が売りやすい・こういう商品がその会社のお客様のニーズにあっている等)に合わせたカスタマイズをした投資信託(ベビーファンド)が誕生します

また、最近はファンド・オブ・ファンズと言って、

色々な他社のいくつかの投資信託をごちゃまぜに取り入れた

一つの投資信託を売るファンドというものがあります。

といっても、マザーファンドは同じ会社内のベビーファンドとしか直接取引はできないので、

ファンドが買うベビーファンドというのがあります。

他社のベビーファンドを組み合わせて一つの投資信託を作るのです。

(ベビーファンドを組み合わせるので、その投資信託を買う人は二重に手数料がかかるため、賛否両論です)



③ベビーファンドが売りたい思惑をもった商品作り



はっきり言えば報酬率の違いなどですね。

同じマザーファンドでも、これくらいの料率で売りたいなぁ

という思惑があります。

でも同じ名前で人によって違う料率というのはできないので、

ベビーが誕生します。

最後に


ということで、いかがでしたでしょうか。

マザーファンドとは何かわかりましたか?


ここでお気づきかもしれませんが、

大事なことをもう一つ。


ファンドの資産額を見るときに、

大きな資産をもっていないと十分なアセットアロケーションができない

と言われますが、

見るべきなのは、ベビーファンドの資産額ではなく、

マザーファンドの資産額ということです。

運用額は、ベビーの資産の合計だからですね。


いやー、わたしも本当に勉強になりました。

というか知らないとやばい事実でしたね。


それではまた。

何か疑問があればしらべますので、

コメント下さいねー。



ハック



こんな記事書いてます

【ハック式】2017年度版 iDeCoの評価・格付け

iDeCoの評価・格付け 目当ての投資信託さがすにはこのページ

iDeCo 口座さらします

金持ちになりたいのなら絶対守るべき5つのルール

ムリしてでもiDeCoを今すぐ始めるべき3つの理由



応援おねがいします!