mokuromishokawariyomi_ideconokyokasho


iFree 8資産バランス目論見表代わり読み!

こんにちは、ハックです。


目論見書を読むのってめんどくさい!

そんなあなたの代わりにわたしが読みましょう。

そして内容をまとめてお伝えする

目論見書代わり読みのコーナーです!

パフパフ!


今日は先日ブログで評価しました

朝日Nvestグローバル バリュー株オープン(愛称:Avest-E)

※以下Avest(エイベスト)

の目論見書を読んでみました。


Avestは2017年09月時点で、

SBIのiDeCo商品の年間騰落率46%で第2位の商品です。

1年間ですからすごいですよね。
1位はわれらがジェイリバイブです。


まずはこの投資信託の基本的なことから。


投資対象:日本以外の海外の株式

委託会社:朝日ライフアセットマネジメント株式会社

(後述しますが、本当の運用指図会社はハリスアソシエイツ社

委託会社ってなに?


マザーファンドの純資産額
:741億円(2017年3月


中堅規模ですね。
一番大きいものは5000億円以上あります。

マザーファンドって何?(小声)


ファンドの目的


信託財産の長期的な成長を目指して、運用を行います


超普通。こんなのでいいんですね。


ファンドの特色


世界の株式に投資(新興国も入っているがポートフォリオの30%以内)

ハリスアソシエイツ社に運用を委託

③厳選投資

④銘柄本位

その他 対円での為替ヘッジは行わない



運用方法で気になる記述が、、、

ハリスアソシエイツ社に運用を委託って、

自分らで運用してないんかーい!!!

あいだに会社一コはいってるから信託報酬高いんちゃうんかーい!

なんてそんなつっこむような話じゃないのかもしれないんでしょうけど、

投資信託初心者なんでやさしく見守ってください。


じゃあそのハリスアソシエイツ社はどんだけすごいんかというと

委託会社の朝日ライフアセットマネジメントさんがまとめた資料が下記にあります。

http://www.alamco.co.jp/seminar/2012/o0lg7t000000785c-att/smn_20130111.pdf


・・・読みました?

読まないですよね、読む人はこのサイト見ないです。

意外にも読むなんて方はコメント下さい、参考にします。

ということでわかりました、まとめますよ。


上記PDFを見ると、

ハリスアソシエイツ社の投資のキモはこのチャートにあるとのこと!

harrisassociates_chart

(朝日ライフアセットマネージメント様サイトより引用:http://www.alamco.co.jp/fund/globalvalue/


③厳選投資④銘柄本位というのはすべてこのチャートに詰まっています。


前提として、ハリス社はとにかく下調べはものすごいするんですよ。

会社の利益率やその事業の参入障壁の高さとか。

訪問ももちろんするし。

そうやって現在の会社の価値をはかる

でもそれだけじゃなくて、

会社が伸びると経営陣の給料が増えるシステムかとかを調べ

現在だけじゃなく、これからも伸びるであろう銘柄を厳選する


そしてその厳選された銘柄には、

ハリス社が算出した本来の企業価値(株価)を与え、

その株価より30%以上割安になった時のみ買う

それは新興国だからとか先進国だからとかではなく、

銘柄本位ですと。


うえのチャートの見方は、

上の実線が企業価値で、

下の点線が30%割安のラインです。

その点線以下になった時に買い、

実線になった時に売る。

だから常に割安銘柄しか手元にない


ストップ高連チャン!

みたいな銘柄は本来の企業価値になったら売るので

持っていない。

新興国も割安だったら買うけど、

割高なものは買わないとのこと。

分配金ってどうなってんの?SBIに聞いてみた!

組み入れ銘柄


ファンドの特色①に書いてますが、
まずこれ一本で世界の株式に投資ができる、これはおっきいですよね。

目論見書にのっている組み入れ銘柄上位10位はこんなところです。

めんどくさい方は飛ばして下さい。

1位 LLOYDS BANKING GROUP PLC イギリス 銀行

2位 CNH INDUSTRIAL NV イタリア 資本財

3位 DAIMLER AG-REG ドイツ 自動車

4位 CREDIT SUISSE GROUP AG-REG スイス 各種金融

5位 ALLIANZ SE ドイツ 保険

6位 BANK OF AMERIKA CORP アメリカ 銀行

7位 TE CONNECTIVITY LTC アメリカ テクノロジー・ハードウェア

8位 ALPHABET INC-CL C アメリカ ソフトウェア・サービス

9位 GENERAL MOTORS CO アメリカ 自動車

10位CITIGROUP INK アメリカ 銀行


なんか見たことある会社がいっぱいありませんか?

ダイムラーとかクレディースイスとか、

なんか世界中の聞いたことある会社が多いですよね。

しかも銀行や自動車など、比較的に堅い銘柄が多くあります。

そうかと思えば8位のアルファベットなんかはグーグルの創業者のやっている会社で

すごい値上がりをしてグーグル創業者の資産が、アメリカ長者番つけの第6位になったとか

そんなニュースを最近見ました。(うろ覚えです)


なかなか日本にいて自分では投資のできない銘柄を多く扱ってますが

そこまで特徴的に特別な銘柄を扱っているというわけではなさそうですね。


手数料


信託報酬率:1.944%

信託財産留保額:0.30%


普通に高いです。


まとめ


自分たちが算出した株価より30%割安になったら
先進国であろうが新興国であろうが
かまわず投資する。

な、なんて男らしい、、、

惚れるわ、こんなん。


銘柄選定ではなく、そのてっていした運用方法が
この投資信託のキモなんですね。

どこか世界版ジェイリバイブみたいな雰囲気がしますね。

あとは信託報酬だけ、、、、、、、っ!!

(ジェイリバイブを知らない方はこちら!)

ということで代わりに目論見書を読んでみましたが、

ハックが気になるところを重点的に読みましたのでいかがでしたしょうか。

Avestについての理解の一助になれば幸いです。


もしこの投資信託への投資を考えている人は下記リンクも見てみてください。


朝日Nvestグローバル バリュー株オープン(愛称:Avest-E)の評価・格付けはこちら!



それではまた!


ハック




こんな記事書いてます

【ハック式】2017年度版 iDeCoの評価・格付け

iDeCoの評価・格付け 目当ての投資信託さがすにはこのページ

iDeCo 口座さらします

金持ちになりたいのなら絶対守るべき5つのルール

ムリしてでもiDeCoを今すぐ始めるべき3つの理由



応援おねがいします!