no title

こんにちは、ハックです。


投資信託の目論見書を読んでいると

見慣れない言葉があります。


委託会社」と「受託会社



ってなんですか??
説明できますか?
わたしはできません!!


たぶんどっちかが運用する方で、

どっちかが販売する方ということなのかな?

なんて認識なのですが

調べてみました。


答えはというと、、、


わたしなりにかみ砕いて言うと

販売会社は証券会社。

委託会社は運用のブレイン。言うばっかりです。

でも運用の責任があります。

~アセットマネジメントみたいな会社名が多いです。


受託会社は委託会社の補佐役。

お金の管理と事務作業などをすべてやっています。

信託銀行です。


例で言うと、


あなた(受益者)が証券会社の窓口で相談し、投資信託を購入しました。

その投資信託の内部で利益を出すために

「あの株買え」「この株売れ」と運用しているのが委託会社です。


そして証券会社からお金を預かり、

その委託会社の「この株買え」「この株売れ」という指図を

「はいわかりました!」「買っときますね!」

「この方(あなた)の信託残高は○○になりました!」

なんて業務をしているのが受託会社です。


ふーすっきり。


また一つ賢くなりましたね!


また何かわからないことがあったら解決しますので

みなさんもわからないことなどあればコメントくださいねー!


ハック


こんな記事書いてます

【ハック式】2017年度版 iDeCoの評価・格付け

iDeCoの評価・格付け 目当ての投資信託さがすにはこのページ

iDeCo 口座さらします

金持ちになりたいのなら絶対守るべき5つのルール

ムリしてでもiDeCoを今すぐ始めるべき3つの理由



応援おねがいします!