BRICsicon_iDeConokyokasho


評価


評価        48点(100点満点)

ハックオススメ度  ☆☆


評価項目

リスク         ☆☆★★★
(過去3年最大下落率 -8.14% ※分配日除く)

設定来成長実績     ☆☆★★★

(表面年利率 約4.96% 分配金込み再投資後 2017年11月7日)


中期成長実績      ☆☆☆★★

(3年間騰落率 約29% 分配金込み再投資後 2017年11月7日)


短期成長実績      ☆☆☆☆☆
(1年間騰落率 約45% 
分配金込み再投資後 2017年11月7日)


安定成長性       
☆☆★★★
(月単位勝率 56.6%  参考:日単位勝率 52.8%)

マザーファンドの規模  
☆☆★★★
(シュローダーBRICs株式マザーファンド 純資産額 144.5億円 2017年7月31日)

コスト         
☆★★★★
(信託報酬率 2.0304%)



寸評


以前私が持っていたことは、

『iDeCo 口座さらします』でいっていました。


やっぱり評価するならちょっときになってたこの子を

評価してみたくなりました。


やっぱりこの投資信託のポイントは

BRICs(ブラジル、ロシア、インドおよび中国)の株式を主要投資対象

というところですよね。

各国、その人口の多さから今後の成長が期待されています。


実際評価してみると、

直近1年の伸び率はすごいです。
評価項目の中では一つだけ飛びぬけています。


でも実は10年ほど前の時点より

まだ基準価額は低いんですよね。

BRICs_iDeConokyokasho


たぶんこの下落はサブプライムローンからの

世界金融危機が原因だと思います。


こういうチャートを見ると株式メインでの運用のこわさを感じますね。

株式メインでも、下落に耐えられるポートフォリオを考えておかないと

もろにくらって、未だその傷は癒えず、ですからね。


あー、こわこわ。


BRICsというと新興国の中では
より先進国に近い方々というイメージですが、
これから先に期待ですね。

投資というのはある意味そういった将来に賭けるものかもしれませんが、
評価だけをみるとギャンブルのような
そんな不安定さを感じますね。

もし今年の成長が
今後の夢のような成長の始まりだとしたら
今は投資の良い時期かもしれません。

しかしわたしにはわかりませんし
もうスイッチングしましたので
もう知りたくもありません。
そう、振り返らないのです。
そしてもしすごい伸びて○倍になったよー
なんてことがあってもわたしには言わないでください。


チャートはこちらから。


参考にして頂ければ幸いですが、
評価項目は公正にしておりますが

ハックの評価は私情が多分にからんでおりますので
投資の判断はご自身でお願いします。


ハック


こんな記事書いてます

【ハック式】2017年度版 iDeCoの評価・格付け

iDeCo 口座さらします

金持ちになりたいのなら絶対守るべき5つのルール


ムリしてでもiDeCoを今すぐ始めるべき3つの理由



応援おねがいします!